ランキングでコスメに刮目!|嘘のようなホントのニキビ改善術

よりしっかりと予防

スキンケア

皮脂や雑菌を除去

昨今では、ニキビケア用の洗顔料が注目されるようになっています。ニキビは、毛穴の中の皮脂が、雑菌を取り込んだ状態で酸化することでできやすくなります。そのため基本的には、皮脂を除去する洗浄成分が入っている洗顔料の使用で、防ぐことが可能です。しかしニキビケア用の洗顔料には、殺菌作用や抗酸化作用のある成分も配合されています。そのため使用すると、皮脂だけでなく、ニキビの原因となる雑菌も除去できる上、残った皮脂の酸化も防がれやすくなるのです。また、炎症を抑える作用のある成分が配合されていることもあります。これにより、たとえニキビができ始めても、赤みや腫れが生じにくくなります。このように、よりしっかりと予防ができるため、ニキビケア用の洗顔料には高い人気があるのです。

予防に有効な各成分

ニキビケア用の洗顔料には、具体的にはサリチル酸やビタミンC誘導体、グリチルリチン酸ジカリウムなどが配合されています。サリチル酸には殺菌作用があり、使用すると、毛穴に入り込んだ雑菌の繁殖が防がれるようになります。また、皮膚を柔らかくする作用もあるので、ニキビによって硬化した肌をほぐし、回復のスピードをアップさせる効果も期待できます。そしてビタミンC誘導体には、酸化を防ぐ作用があります。それにより皮脂の酸化が防がれますし、さらにシミも防止できるので、万が一ニキビができても、跡が残りにくくなります。また、グリチルリチン酸には抗炎症作用があります。先述したように、これにより腫れが生じにくくなりますし、腫れたとしても悪化は防がれやすいです。このように、有効な成分が色々と配合されているため、多くの人がニキビケアに活用しています。