ランキングでコスメに刮目!|嘘のようなホントのニキビ改善術

毛穴まできれいにしよう

鏡を見る女の人

優しく洗いましょう

顔の皮膚は、体の中でも特に薄いです。目の周りと口の周りは中でも最も薄くなっています。皮膚が薄いと言うことは、それだけデリケートであると言うことです。ニキビにならないために、ニキビができたら早く治すためにも正しい方法で洗顔しましょう。毛穴の汚れを取って清潔を保つことがポイントです。洗顔料はしっかりと泡立てましょう。泡立てネットを使うと泡を作りやすいです。最初に顔をすすいで軽く汚れを取っておきます。それから泡を使って洗顔です。泡で毛穴の汚れを吸い取るようなイメージで洗います。直接、皮膚に手が触れないほうが良いです。手が触れると刺激となってしまうからです。最後に、丁寧にすすいで泡を完全に洗い流してください。この方法ならニキビも早く治るでしょう。

優しいことが大事

洗顔は、とにかく優しく行ってください。実は、体を洗う時でさえもごしごし洗わないほうが良いです。皮膚は意外とデリケートですから、優しく丁寧に洗ってください。摩擦で汚れを落とすのではなく、泡の力で汚れを落としています。だから、泡をたっぷり使って洗い流して下さい。力を入れると、炎症を起こす可能性があります。それくらい皮膚はとてもデリケートです。もちろん、毛穴の汚れは丁寧に取り除かないとニキビができる原因となるので気を付けて洗ってください。小鼻の汚れが落ちにくいという場合は、指で優しく丁寧に洗いましょう。基本的には、直接手で触れないようにして、皮脂が多く汚れが落ちにくい場所だけ指の腹を使って優しく洗うようにしてください。